L O A D I N G

CATEGORY Blog サンクスのブログ

2017/04/23

ブログ

端午の節句 子供の日

現代では「子供の日」として祝う、5月5日ですが、この日はもともと五節句の端午の節句にあたります。端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していったそうです。

【マメ知識 菖蒲と花菖蒲】 端午の節句に欠かせないのが「花菖蒲」の花。紫や藍色の凛としたお花は、初夏を代表する花として古くから親しまれてきました。ですが、花菖蒲とお風呂に入れる菖蒲は全く別のものであることをご存じでしょうか。              「花菖蒲」はアヤメ科アヤメ属の植物で、「菖蒲(葉菖蒲)」と呼ばれるものはサトイモ科ショウブ属の植物です。葉が似ていることから「花菖蒲」と呼ばれるようになったそうですが、「花菖蒲」の葉には香りがありません。                       一般的には花菖蒲の方が認知度が高く、花菖蒲の事を「菖蒲」と呼称することが多いようです。

鯉のぼり-1サンクス 菖蒲-1

 

おすすめ記事

10.31 Happy Halloween!! 10月31日はハロウィンですね。ハロウィンとは、...

春のお彼岸! ☆お彼岸について 春のお彼岸・秋のお彼岸 「...

本日20日は秋の彼岸入り 今年2017年の秋のお彼岸は、9月20日~26日...