L O A D I N G

CATEGORY Blog サンクスのブログ

2017/10/04

ブログ

2017年10月4日は仲秋の名月

2017年の仲秋の名月は10月4日です。

十五夜とも言われ、月見をするには最も良いといわれている日です。月見の習慣は古く、9世紀頃に中国から伝来したそうです。以来月を見て詩歌を詠んだり、祈りを捧げたりと月を愛でる風習が続いています。

満月の中でも仲秋の名月が特別なものであるのは、暦と関係します。旧暦では7月、8月、9月が秋にあたり、その真ん中(中秋)にあたる8月は、ちょうど稲の収穫前後。月の満ち欠けをカレンダーにして農作業を進めてきた日本人にとって、月は祈りを捧げる対象であり、また満月は豊穣の象徴とも見立てられていて、団子やその時期に収穫される里芋などを供え、今年の実りに感謝したのも自然の流れと言えます。

お月見のなかでも欠かせないのが「すすき」ではないでしょうか、雰囲気を演出するだけではなく、以下のようないわれがあるのをご存じでしょうか?

お月見のススキは、月の神様を招く依り代(よりしろ)として供えられます。 本来月の神様の依り代は稲穂です。お月見の時期に稲穂が無かった為、稲穂に似たススキを供えるようになったといわれています。 また古くからススキには魔除けの力があると信じられていました。お月見に供えたススキを軒先に吊るすと、1年間病気をしないという言い伝えも残っています。

見上げれば、秋の空は気持ちよく広がっています。是非今宵、月見を楽しんでみてはいかがでしょう

月見-2

おすすめ記事

ニュース!2017年 サンクス、ダンクウェル、共々 身も心もリフレッシ...

桃の節句 ひな祭り 「桃の節句」の始まりには、上巳と深い関わりがあり...

ご存じですか?フラワーバレンタイン 日本におけるバレンタインデーは、「女性から男性へ...